窓際BLOG

プログラミングの学習メモや書籍の感想等を公開していきます。

Ruby:ppモジュールで実行結果を良い感じに確認する

はじめに

Rubyでデバック実行する時に、よくpメソッドを使うと思いますが、Rubyには標準でppモジュールというものがあります。

ppモジュールを使うとpよりも良い感じで実行結果を確認出来ます!

使い方

導入はとても簡単で、ソースコードrequire 'pp'と記載するだけです!

ソースコード

require 'pp'

users = [
  {name: "太郎", age: 20},
  {name: "花子", age: 20},
  {name: "聡美", age: 20},
  {name: "庄司", age: 20}
]

p users
pp users

実行結果

# pの結果
[{:name=>"太郎", :age=>20}, {:name=>"花子", :age=>20}, {:name=>"聡美", :age=>20}, {:name=>"庄司", :age=>20}]

# ppの結果
[{:name=>"太郎", :age=>20},
 {:name=>"花子", :age=>20},
 {:name=>"聡美", :age=>20},
 {:name=>"庄司", :age=>20}]

ppの方が良い感じに改行が入って見やすいですね!:D APIから取得したjsonを確認する時とか、色々と役に立ちそう。

参考

docs.ruby-lang.org