窓際BLOG

プログラミングの学習メモや書籍の感想等を公開していきます。

SIerのSEがプログラミングスクールに通ってみた感想をまとめてみた

f:id:madogiwa0124:20170730113612p:plain

昨日、通っていたプログラミングスクールの講義最終日だったので、感想等をまとめてみるφ(..)

自分について

SIerに務めるSEです。 業務では全くプログラミングは行わないのですが、Ruby on Railsは独学で半年程度勉強してました。 ※Railsチュートリアルをテスト含めて1週した程度ですが。。。 あとはjavascriptで簡単なツールを作ってGithub.ioで公開したりとかをしてました。

2つのキーワードから連想されるアイデアTwitterに投稿できるサービス http://madogiwa0124.github.io/KeywordMixer/

スクかんばんボードを元にしたタスク管理アプリです。 https://madogiwa0124.github.io/TaskBorder/

通っていたプログラミングスクール

DIVE INTO CODEに通ってました! 通常プログラミングスクールは、1ヶ月程度が多い気がするのですが、DIVE INTO CODEは半年間と期間が長いです(o・ω・o)

料金は¥298,000ですが、期間を含めて他のスクールと比較すると安めなのかなと感じました。

|スクール|期間|料金| |—|—|—| |DIVE INTO CODE|6ヶ月|¥298,000| |TECH::CAMPWebアプリケーションコース|1ヶ月|¥128,000| |TECH::CAMPエキスパートコース|約3ヶ月|¥398,000| |WebCamp|1~3ヶ月|¥118,000 ~ ¥258,000| ※2017年7月30日現在

diveintocode.jp

DIVE INTO CODEで学べること

DIVE INTO CODEで私が学ぶことが出来たことを下記にまとめましたφ(..)

DIVE INTO CODEに通ってよかったこと

自分を客観視できる

今までは業務でもプログラミングを扱わないし、学習は一人で書籍等を使って行っていたので、自分がどれくらい理解しているのか、周りと比べてどうなのかみたいのが見えづらい部分があり不安を感じていました。 DIVE INTO CODEで同期と共に学び教え合うことで自分がきちんと理解出来ている部分と、出来ていない部分が明確になり、より前向きに学びを進めることが出来るようになったと感じました。

コミュニティ

同期や卒業生と勉強会を開催したり、半期ごとにOB・OGが交流する場が用意されています。 SIerではマネジメント重視、技術軽視な部分があったので技術的な勉強をみんなでやる場等はなく、独学だったのですが、 DIVE INTO CODEでつながった人たちから一緒に勉強会を開催したり、参加したり出来るようになったのは非常に良かったかなぁと思いました。

DIVE INTO CODEで学べなかったこと

実践的なアイデア検討

書籍等でデザイン思考等の勉強を進めると共に、アイデアソンやハッカソンに参加して、実践的なアイデアの検討を学んで行きたいです!

実践的なアプリケーションの設計

オブジェクト指向に基づいた変更に強いクラスの分け方やERの検討等については、個人的に学ぶ必要があるなぁと感じています。

実践的なインフラ構築

インフラは苦手意識があるのですが、ロードバランサを使ったAPサーバーの冗長化やDBレプリケーションLinuxの知識等を個人的に学んで行こうと思います。。。

最後に

SIerにいて、個人的に技術的な勉強をしているけど自分の立ち位置や進め方に不安を持っている人、技術的なことを業務で扱わず不安に思っている人、プログラミングスクールは決して安くない買い物ですが、それに見合う価値はあったかなぁと感じました。

一人でもんもんとしていると鬱になってくるので、えいや!で通ってみても良いのではないでしょうか。

相談に乗ることも出来ると思うので何かあれば下記へDMとかリプライを送って貰えればと思います(o・ω・o)

twitter.com